【竹内まりや】家に帰ろう~いつの日もあなたを待っている人がいる~

未来が変わる思考術

【メンタルエイド】BRAND-NEW MUSIC DAYS

今回、あなたの心に届けたい楽曲は

竹内まりやさん の

家に帰ろう~マイ・スイート・ホーム~ です。

source by. Shinji Egawa Total playing time: 4:55

歌詞やメロディーから、この曲の魅力や込められている想いについて

筆者が感じたことや意味などを、独自に解釈した内容でお伝えします。


いつの日もあなたを待っている人がいる

私は結婚当初から「兼業主夫」として生活していますが

ここ数年はブロガー在宅ワークを主とした活動をしているので

主夫としての活動が80%を超えている状況です。

そんな中、最近特に感じるのは

主婦の人たちの偉大さ です。

なぜそう感じるのか?

主婦の人たちは、これらのことを毎日続けているからです。

  • ☆物事に対する決断が早く、時間を浪費させない
  • ☆あらゆるジャンルから情報を集められるようにアンテナを張り巡らせている
  • ​☆家計を考えながら少しでも安くて栄養のあるものを買うために行動範囲を広くしている
  • ​☆いかなる苦しい場面にも動じないように、心や懐を大きく深くしている

さしずめ、戦国武将のフレーズ「風林火山」のようにも見えますね。

もちろんこう言ったことができるのは

家族間での確かな信頼と安心があるからですが

主婦の人たちは、家族それぞれが慌ただしい日々の中でも

「支え合い、いたわり合うこと」の大切さを、身を以て示してくれています。

夜、帰宅すると家の中に灯りが点いているのを見るだけで

温かさを感じることはありませんか?

それは「あなたの帰りを待っている人がいる」ことへの

感謝の気持ちにつながっているからです。


外でも家でも闘っている主婦にも、時には「戦士の休息」を

でも、主婦の人たちはサイボーグではありません。人間です。

365日、この状態をキープすることは至難の業です。

「そんなもん大丈夫だろう。ずっと家にいるんだし、家事だけすればいいんだから」

などという人は、もはや思考力が「化石」の域に達しています。

あなたや家族が学校や職場など「外での戦い」をしているのは誰が見ても大変でしょう。

でも、主婦の人たちは「外でも家でも闘っている」とは思いませんか?

共働きであればなおのことです。

家族みんなの「おはようからおやすみまで暮らしを見つめていること」は、想像以上に心も身体も疲れますし、それを見せずにいることは「大変」の一言では決して片づけられるものではありません。

主婦の人たちだって、時にはゆっくりと寛ぎたいですし、オシャレをして出かけたいものですよね

(もちろん今はコロナ禍ですから、思うように外出できない部分はありますが…)

「戦士の休息」ではないですが

時には恋人同士に戻った気分で、一緒に時間を過ごすか

あるいは1日思う存分羽を伸ばしてもらうことも大切なことだと私は考えます。


当たり前ではなく有難うを大切に。そんな想いが込められた曲です

source by. maron virjil

この曲の演奏時間は4分55秒ですが

歌詞やメロディーの中に、ほのぼのとした日常が込められています。

そしてその中には

「いつの日もあなたを待っている人がいる」という

誰もが当たり前のように思いがちなことへの忠告があるように私は感じます。

なにげない「ありがとう」が、みんなの癒しになることを教えてくれる曲

それがこの「家に帰ろう」だと私は考えます。

歳を重ねれば、それぞれに価値観や思考も変わってくるでしょうが

いつの日もあなたを待っている人は

  • この世の誰よりも、あなたのことを知っている人
  • この世の誰よりも、お互いに信じ合える人
  • そして、この世の誰よりも、お互いに愛し合える人

であることに間違いありませんよね。

それでも当たり前のような素振りで

家に帰るとリビングのソファーに直行して、テレビに釘付けとは…

少しばかり甘えが過ぎるのではないですか?

たくさんの会話と触れ合いが、主婦の人たちの心を癒します。

いろんな想いに共感し、共有していくことで

笑顔が溢れる日々が続いていきます。

そんな日々が、ずっと続いていくことを願って

今日もまた、家族の帰りを待っている私がいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました