【桑田佳祐】SMILE~素敵な出会いと笑顔が創り出す明るい未来

未来が変わる思考術

「未来が変わる思考術」chよりお伝えする「メンタルエイド」

様々なジャンルの楽曲や笑いのエンターテインメントなどをご紹介しながら、新型コロナウイルス感染拡大のみならず、現世において様々な事共において抱えこんでしまっている悩みや不安に押し潰されそうなあなたの心と向き合い、癒し、笑顔に変えていくといった「メンタルケア特化型」企画です。

毎回1つのテーマを掲げ、あなたの「いつもいつでも側にいて、心を癒し、穏やかな気持ちで過ごせる」ような楽曲をご紹介していく「BRAND-NEW MUSIC DAYS」

通算36曲目となる今回

「素敵な出会いと笑顔が創り出す明るい未来」をテーマに

あなたの心に届けたい楽曲は

桑田佳祐さんの「SMILE~晴れ渡る空のように~」です。

総演奏時間 5:32

この曲は2020年に発表された曲です。


印象的な歌詞の一部をご紹介しますね。

私とあなたが逢うところ

ここから未来を始めよう

栄光に満ちた孤独なHero 夢追う人たちの歌

情熱を消さないで 歩みを止めないで

この世に生まれた以上

愛情に満ちた神の魔法も 悪戯な運命にも

心折れないで でなきゃ勝利はないじゃん!

素晴らしき哉 your smile

引用元-LyricFind

素敵な出会いと

笑顔が創り出す明るい未来

  • 今までにないことを経験する
  • やったことのないことを始める
  • 知らないことに直面する

こういった状況になると、どうしても先んじて出てくる感情は、期待よりも不安の方ではないでしょうか。

  • 上手くできるだろうか…
  • 失敗しないだろうか…
  • わからない…

あなたにもそんな経験があるでしょう。

私もどちらかと言えば「人見知り」「引っ込み思案」な方なので、上手くいく行かないの前に「どうしよう…」、「どうなるんだろう…」といった不安が先に出てしまいます…

51歳にもなって、です。

しかしながら、この世に生まれ、多くの人たちの優しさやぬくもり、愛に育まれ、支えられて生きてきたからこそ今の私がいるんだと思う時、

誰もがみな同じような感情を抱きながらも私の目の前にいるんだから「その不安を分かち合って、お互いに笑顔になろう」という考え方に変わり、言動を前向きにするようにしています。

そうすると、自然とその場の空気も和らいで、自分が想像するよりも不安なことはなく、むしろ「いい緊張感」の下で楽しく過ごせるようになるもんだと、これまでに何度も実感しています。

こういったことを続けていくことで、周りには笑顔で接してくださる人たちが増えて、仕事のみならずプライベートにおいても楽しいことが増えていくのではないでしょうか。


今般の状況を考えると、何度も何度も不安に苛まれ、心が折れてしまいそうになる人や、実際に心が折れてしまいうつ病などで引きこもってしまっている人が多いですよね…

楽しいことを続けることは誰だってウキウキしますが、こういった状況を続けることは何ともいえない悲しみを感じます。

今の時代、誰もが自己完結できる精神状況ではありませんし、仮にできたとしても「最悪の自己完結」を選んでしまうのではないでしょうか。

ここで大切になるのが、先程お伝えした

「不安を分かち合って、お互いに笑顔になろう」という考え方。

1人で抱え込んでしまう前に、ほんの少しでも勇気を出せたら…

その勇気すらも出せない心の状態を気づいてあげられる人が1人でも多くいたら…

その人が抱える不安を少しずつ解き放ち、笑顔に変えていくことができるのではないでしょうか。

多くの人と想いをつなぐこと。

これまでに何度もお話してきましたけど、今求められているのは「共生・共成の社会」です。

「一期一会」との言葉があるように、あなたとあなたの目の前に現れる人とは何某かの関係性があるからこそ出会うと考えた時、全く同じではなくても、同じような悩みや不安を抱えている人であれば、どうぞその人の抱える想いに気づいてあげてもらいたい。

その想いを分かち合い、ほんの少しの微笑であっても力を合わせて温めて育んでいき、大きな優しさやぬくもりとしてつなげていくことが、明るい未来を創り出していくと私は考えます。

私も最近また、素敵な方と出会えました。

素敵な家族と共に、夢に向かって一所懸命取り組んでおられる方です。

(リンクを貼り付けておきますので、どうぞ訪問なさってみてください)

はつまいブログ
ブログ×不動産投資×子育てを頑張る30代ワーママのブログ

「BRAND-NEW MUSIC DAYS」では、今後も「いつもいつでもあなたの側にいて、こころを癒す」ような楽曲を集め、ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました