【King Gnu】三文小説~誰もがみな価値ある人生~【メンタルエイド】BRAND-NEW MUSIC DAYS(19)

未来が変わる思考術

「未来が変わる思考術」chよりお伝えする「メンタルエイド」


様々なジャンルの楽曲や笑いのエンターテインメントなどをご紹介しながら新型コロナウイルス感染拡大のみならず、現世において様々な事共において抱えこんでしまっている悩みや不安に押し潰されそうなあなたの心と向き合い、癒し、笑顔に変えていくといった「メンタルケア特化型」企画です。

毎回「いつもいつでも側にいて、心を癒し、穏やかな気持ちで過ごせる」ような楽曲をご紹介していく「BRAND-NEW MUSIC DAYS」

今回、あなたの心に届けたい楽曲。

ご紹介するのは、King Gnuの「三文小説」です。

この曲は2020年に発表された曲です。


印象的な歌詞の一部をご紹介しますね。

僕らの人生が 三文小説だとしても
投げ売る気は無いね 何度でも書き直すよ

誰もが愛任せ いつまでも彷徨う定め
この小説(はなし)の果ての その先を書き足すよ

引用元-J-lyrics

誰もがみな価値ある人生

日本の四字熟語の中に「二束三文」なるものがあります。

草履の値段から来ているもので、今の言葉でいえば「安っぽい」「取るに足らない」「質の悪い」といった感じになるでしょうか。

このことを踏まえると、楽曲のタイトルである「三文小説」のような人生は、価値のない人生のように捉えてしまいがちですが、私の見解は「紆余曲折はあっても、どの人の人生も素晴らしいもの」ということです。

「勝ち組」「負け組」などと宣う輩もいますが、おそらくこういった方々は「労働生産性」でしかその価値を計れない方々だと私は考えますが、こういった方々へここではっきりと言っておきます。

労働生産性だけで人生の価値を計ることはナンセンスです。

(そうでしか計らない、計れない人間の方が二束三文の価値しかありません)

人それぞれの人生に価値を見出すとしたら、多くの方々が真っ先に頭に浮かぶのは

「人望の厚さ」かもしれませんね。

平たくいうと、これまでの人生の歩みの中で「あなたを愛する人がどれだけ居るか」

「あなたを必要とする人がどれだけ居るか」ということになるんですが、私は少し違い

ます。私が考えるのは、その「前」。

あなた自身がどれだけあなたのことを愛しているのか  になります。

仮に今、あなた自身があなたのことを愛せないのであれば、愛せない要因があなたの心を縛り付けていて、それが「頑ななもの」であるならば、なおのこと苦しいですよね…

自分の気持ちを押し殺して、黙って言うことを聞いておいた方が波風立てないで済む。
「それが社会のルールだ」なんて言われ続けてきたとしたら…
「いい歳して、こんなことも知らないのか?学校で何を教わって来たんだ!」などと言われ続けてきたとしたら…
常に他人と比べられて「他の奴はみんないい成績取ってくるのに、君は0だね?遊んでるんじゃないか?もっとしっかりやれ!」と言われ続けているとしたら…

誰だって「自分はダメな人間だ…」と思ってしまうでしょう。

果たして、本当にそうでしょうか?

私の見解ではありますが

学校で教わることの中で社会に出て役に立つものなんて、ほとんどありません。

社会に出てから教わることで、人生において役に立つものの方がまだあります。

それは何故なのか?

学校で学ぶのは「学問としての知識」「右へ倣えの道徳」であり、

「生きるための知恵」「個性を育む道徳」ではないということだからです。

子どもの頃はある意味純粋ですから、どんなことでも言われた通りにしておけばそれで済んでしまう訳であり、それを誰も咎める人はいない。

その弊害が、社会に出てから生じて来ているだけでしかないんです。

だから決して「自分はダメな人間だ…」などと思わなくてもいい。

あなた自身を、あなたのありのままに表現すればいいんです。

あなたが生まれ、育ってきた社会環境の中には多くの人々の愛やぬくもりがあったはず。

あなたが見たもの、聞いたもの、触れたもの、感じたことのすべてが「今のあなた」になっていると考えた時「その日その時、その瞬間のあなたにかけがえのない価値がある」といえるのではないでしょうか。

そんなあなたへ、私から「お願い」が2つあります。

1つは「やってほしいこと」。

もう1つは「意識してもらいたいこと」です。

まず、あなたにやってほしいのは「あなたの心を癒してあげること」。

夜寝る前や朝起きた時、あなたの心に伝えてあげてほしい…

「毎日お疲れさま。私は私でいいんだよ」と。

そして、意識してもらいたいのは「今、あなたは生きている」ということです。

確率論ではMAXは100%ですが、可能性を論じれば誰もが「∞」。

生きていることの喜びを、あなたのみならず、あなたを愛してくれる人々も同じように噛みしめているはずですので、一緒に育んでいきましょう。

この2つをしっかりと押さえていくことで何につながっていくのか?

街頭やYouTubeなどで山本太郎氏が声高に言い続けている「生きているだけで価値がある」へとつながっていきます。

人生の価値は、人間性で計るものであり、労働生産性ではない

​​1億2000万通りある人生の歩み、そのどれもが「価値ある人生」​​

「そのまま」ではいかないにしても「ありのまま」で在り続けることが何より大切なことであり、そんな自分を愛し、癒すことができれば、きっとあなたを愛し、大切に想う人々はもっと増えていくと私は考えます。

「BRAND-NEW MUSIC DAYS」では、今後も「いつもいつでもあなたの側にいて、こころを癒す」ような楽曲を集め、ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました