スポンサーリンク

【20th Century】旅立ちの鐘~テレビ朝日系ドラマ「特捜9season7」主題歌の歌詞の意味を考察!旅立ちの鐘が意味するものとは?

未来が変わる思考術
スポンサーリンク

【メンタルエイド】BRAND-NEW MUSIC DAYS

今回あなたの心に届けたい楽曲は

20th Century の 旅立ちの鐘 です。

Total Playing Time 4:41 ※sourced by. FAMILY CLUB

印象的な歌詞の意味を考察し

この歌が伝えたい想いの本質をお伝えします。

どうぞ最後までご覧ください。


楽曲紹介ならびに視聴した筆者のイメージ・感想

20th Century(写真左から長野博さん、井ノ原快彦さん、坂本昌行さん) 引用元-Pinterest

男性アイドルグループV6の”アダルトチーム長野博坂本昌行井ノ原快彦の3人で結成され、1997年にCDデビューした20th Century(愛称:トニセン)が発表したこの曲。

楽曲は、井ノ原快彦主演のテレビ朝日系ドラマ「特捜9season7」の主題歌として、3ピースロックバンド「THE ALFEE」のメンバーである高見沢俊彦が手がけ、書き下ろしたものです。

引用元-Instagram/(C)TV Asahi

概要

浅瀬直樹(井ノ原快彦)、小宮山志保(羽田美智子)ら9人のメンバーによる特別捜査班「特捜9」が幾多の難事件を解決へと導く刑事ドラマシリーズの第7弾!「多様性」をテーマに個性派刑事たちが多様化する事件と人間ドラマに向き合う!

※楽曲については未発表…

詳細はティザー音源や公式MVを熟聴次第UPしていきますね。


歌詞の意味を考察!「旅立ちの鐘」が意味するものとは?

さて、歌詞考察に入りますが、公式発表が成されていないため

ますは楽曲タイトルから「推察」していきたいと考えます。

楽曲タイトル「旅立ちの鐘」

筆者がイメージするものは「巣立ち」です。

その根拠を今からお伝えしますね。

2018年から始まった「特捜9」シリーズの第7シーズンは、“共感力”を武器にそれぞれの個性や価値観を尊重し、その活躍を見守ることができる捜査主任・浅瀬直樹が、後輩刑事や若い分析官とともに“結束”を強め、チーム一丸となって事件解決に臨むところが最大の魅力とのこと。

捜査主任としての成長、特捜班のメンバーとしての成長、そして人間としての成長。

口論や行き違いがあってもお互いを思い合い、認め合いながら想いを一つにして突き進んでいく先にある未来に待ち受けているのは…誰かの“巣立ち”ではないでしょうか。

すべてが解決した後の達成感とともに鳴り響く「旅立ちの鐘」の音。

想像しただけでも素晴らしい歌詞であることは間違いありませんよね。


まとめ

引用元-Pinterest

今回は 20th Century の 旅立ちの鐘 について

印象的な歌詞の意味を考察し

この歌が伝えたい想いの本質をお伝えしました。

現状では「楽曲タイトルからの推察」ではありますが

公式発表があり次第UPし、深掘り考察していきます!

BRAND-NEW MUSIC DAYSでは

この他にもたくさんの楽曲をご紹介していますので

そちらの方もどうぞご覧くださいね。

コメント