スポンサーリンク

【椎名林檎】人間として~歌詞の意味を考察!歪んだ愛と罪を人間として赦せるのか

未来が変わる思考術
スポンサーリンク

【メンタルエイド】

BRAND-NEW MUSIC DAYS

今回あなたの心に届けたい楽曲は

椎名林檎 さんの 人間として です。

30seconds ※sourced by. tvasahi

印象的な歌詞の意味を考察し

この歌が伝えたい想いの本質に迫ります。

どうぞ最後までご覧ください。


楽曲紹介ならびに楽曲を聴いた筆者のイメージ・感想

「人間として」ジャケット 引用元-Amazon

1998年デビュー。独自の音楽理論に基づく独特のサウンドと妖艶な歌声が、日本だけではなくアメリカにおいても高い評価を受けている日本の女性シンガーソングライターであり、2004年からはロックバンド「東京事変」のヴォーカルとしても大活躍の「椎名林檎」

楽曲は、吉田紀子脚本、石原さとみ主演のテレビ朝日系ドラマ

「Destiny」の主題歌として書き下ろされたものです。

メインビジュアル写真 引用元-Instagram/(C)tv asahi

ドラマの概要は、コチラ

大学時代に起きたある事件と対峙し
父親の死の真相や大学時代の仲間の秘密の顔など
様々な過去と向き合っていく女性検事
西村奏(石原さとみ)の姿を描く
20年の時をかけたサスペンスラブストーリー。

坦々としたメロディラインに潜む不協和音のような違和感が、心の中にある光と闇賢明と愚暗(ぐあん)を表し、聴き込むほどにその世界観に惹き込まれ、「人間とは何か?」を自問自答させられる人もいるのではないでしょうか。


歌詞の意味を考察!歪んだ愛と罪を人間として赦せるのか

さて、歌詞考察に入りますが、公式には未発表なため

まずは楽曲タイトルから「推察」として進めていきたいと考えます。

楽曲タイトル「人間として」

ドラマの内容を加味すれば、タイトル「人間として」の後に何か言葉が続いていくのではないかと考えられますが、筆者はゆるせるのか」としました。

過去の恋愛、友情が「ある事件」によって破滅へと誘われ

時を経て再会した時に振り返ってみれば、何もかもが歪んでいた…

純粋に人を愛し、仲間と心を通わせ合い

大切な人を慕っていたあの頃から

目には見えない所では、心は歪み始めていたのかもしれない…

止まった時計が再び動き出し、様々な人間模様が点と線となり、その全容が浮き彫りになる中で明るみに出る「罪」を、果たして“人間として”赦すことができるのだろうか。

そんな想いが歌詞には込められているのではないかと考えたからです。

以上のことから、筆者はこの歌が伝えたい想いの本質を

「歪んだ愛と罪を人間として赦せるのか」としているのです。

公式発表後にはさらに深掘りしていきたいと考えますのでお楽しみに!


まとめ

「人間として」ジャケット 引用元-Amazon

今回は 椎名林檎 さんの 人間として について

印象的な歌詞の意味を考察し

この歌が伝えたい想いの本質に迫りました。

BRAND-NEW MUSIC DAYSでは

この他にもたくさんの楽曲をご紹介していますので

そちらの方もどうぞご覧くださいね。

コメント