スポンサーリンク

【奈良市・古市】「麺~leads~なかの」の「TORI白湯らーめん」を味わってみました

レビュー
スポンサーリンク

今回のレビュー

奈良市・古市町2022年4月15日にオープンした

麺~leads~なかの の TORI白湯らーめん を味わってみました

鶏白湯ラーメンは、筆者にとっては「初体験の味」になるので

空腹を凌ぎ、代りに期待で胸を膨らませながら現地へと向かいました。

味わった際の「忖度なしの率直な感想」をお伝えしますので、どうぞ最後までご覧ください。

それでは始めていきましょう!


「麺~leads~なかの」の代表作「TORI白湯らーめん」。その味わいに思わず「ウマい!」

引用元-Twitter

国道169号線(通称:天理街道)沿いに、ひときわ目立つ白い建物。

「麺~leads~なかの」は、そこにありました。

麺~leads~なかの 奈良店 (京終/ラーメン)
■予算(夜):~¥999
麺〜leads〜なかの
オープン当初の「自分たちが作った鶏白湯ラーメンを一人でも多くの方に食べてほしい」変わらぬ気持ちを持ち続けると同時に、足を運んでいただいたお客様にはラーメンの味、スタッフの人柄、お店の雰囲気どんな理由でもいいので「来てよかった」とファンになっていただけるお店づくりを心がけています。

奈良県大和高田本店があり、天理にも同様の店舗が。

前評判が高いのは知っていた筆者。

おそらく初日は混雑するかもと考え、開店から1週間経過後に行ってみることに。

旧店舗がサイゼリヤだったこともあって

玄関口は少し狭かったです…

ドアを開けてすぐの場所に「食券機」が。

ラーメンは4種

TORI白湯らーめん特製TORI白湯らーめん

TORI白湯らーめん(塩)特製TORI白湯らーめん(塩)

初めてなので、一番スタンダードの「TORI白湯らーめん」の食券を購入し

しばらく待っていると、順番がきたとのことで店内へ。

カウンター5~6席程度。

今般の感染症対策があってか、テーブル席10席足らずでしたが

広々としていることがかえって筆者には好印象でした。

本店の方では行列ができる程の人気店だと知り

弥が上にも期待が高まる中、ついに「TORI白湯らーめん」とご対面!

TORI白湯らーめん : 930

見た感じ、とてもシンプルな一品。

クリーミーさは一見しただけで分かります。

さて、鶏白湯スープとやらがどんな味わいなのか?

早速いただいてみることに。

泡系スープなので、口当たりは軽い印象です。

鶏白湯と魚介のWスープのようで、口に含むと

初めは鶏白湯の濃厚な風味がその後に魚介の風味が感じられました。

さて、次はを味わってみることに。

中太麺で、スープとよく絡むので、ツルツルと食べられちゃいます。

麵自体にも味があるように感じました。

麵の長さが程良いので、女性や子どもにも食べやすい工夫がしてあるように感じ

多様なお客様を意識しているのだろうという印象を持ちました。

こういったお店であれば、家族連れにも人気が出そうですよね。

チャーシューは、ドルチェポルコという生ハムに使われる豚肩ロースのレアチャーシュー

初めて食べましたが、とても食感が良く美味しい…

何よりラーメン全体の味を壊さない、優しい風味が印象に残っています。

すべて味わい終わった後、人目もはばからず「ウマい!」といってしまったので

店員さんをビックリさせてしまいました…


まとめ

今回のレビュー

【奈良市・古市】

「麺~leads~なかの」さんの「TORI白湯らーめん」を味わってみました

「麺~leads~なかの」さんの詳細情報については、コチラ!

麺〜leads〜なかの
オープン当初の「自分たちが作った鶏白湯ラーメンを一人でも多くの方に食べてほしい」変わらぬ気持ちを持ち続けると同時に、足を運んでいただいたお客様にはラーメンの味、スタッフの人柄、お店の雰囲気どんな理由でもいいので「来てよかった」とファンになっていただけるお店づくりを心がけています。

一度食べたらヤミツキになりそうな絶品ラーメン…

お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいませ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました