【優里】ドライフラワー~あなたに語りかける「永遠の命と想い」

未来が変わる思考術

「未来が変わる思考術」chよりお伝えする「メンタルエイド」

様々なジャンルの楽曲や笑いのエンターテインメントなどをご紹介しながら、新型コロナウイルス感染拡大のみならず、現世において様々な事共において抱えこんでしまっている悩みや不安に押し潰されそうなあなたの心と向き合い、癒し、笑顔に変えていくといった「メンタルケア特化型」企画です。

毎回1つのテーマを掲げ、あなたの「いつもいつでも側にいて、心を癒し、穏やかな気持ちで過ごせる」ような楽曲をご紹介していく「BRAND-NEW MUSIC DAYS」

通算35曲目となる今回、

あなたに語りかける「永遠の命と想い」をテーマに

あなたの心に届けたい楽曲は

優里さんの「ドライフラワー」です。

総再生時間 4:47

この曲は2020年に発表された曲です。


印象的な歌詞の一部をご紹介しますね。

声も 顔も 不器用なとこも
全部 全部 嫌いじゃないの

ドライフラワーみたい
君との日々も

きっと きっと
きっと 色褪せる

引用元-J-lyrics

ドライフラワー

~あなたに語りかける「永遠の命と想い」~

ふとした時間の合間に本を読もうとページをめくると、いつの頃かに挟んだと思われる「ドライフラワー」が目に留まりました。

不思議に思って記憶を辿れば、私が介護を志した時に「ベストパートナー」として一緒に支援を行っていた女性から、私がケアマネジャーになるための試験前に渡された花だったことを思い出しました。

彼女はそれから数ヶ月後に病気で亡くなったんですが、当時のことを振り返りながら、今も大切に挟み込んでいますが、こういった人って結構多くおられるのではないでしょうか。

ドライフラワーをぱっと見て頭に浮かぶイメージは「ハンカチや本などに挟み込まれた枯れ尾花」「生気を感じない花」など、あまり好ましいものではないものが多いですね…

でも考えてみてください。

それをハンカチや愛読書などに挟んでおられる人は、どうしてドライフラワーを大切にされているのでしょうか?

そこには「花言葉」が関係していると私は考えます。

ドライフラワーの花言葉は「永遠」。今回のテーマにつながります。

どうしてドライフラワーが「永遠」なのか?

少なからずの水と大きなエネルギーを得ているからだと私は考えます。

私は「ドライフラワーは完全に枯れた花ではない」と思っています。

それはある意味、人の死と似ている部分があって、亡骸となってから人々の記憶からも消えるまでは生きているのと同じではないかと考えるから。

生物的なことをいえば「空気中の水分を云々」「本などの微量の云々」ということになるんでしょうけど、私はそんなものではないと考えます。

確かに水分についてはそう言えるのかもしれませんが、エネルギーについては違います。

そのエネルギーとは?

​​人の優しさやぬくもり、そして笑顔なのではないでしょうか。

愛する人や大切な人からの想いが込められた花。

それを忘れることなく大切に心に記憶に残しておきたいと考え、ドライフラワーとして生き続けさせることを選んだ。

慌ただしい日々の中で何かあなたに困難などが降りかかった時、ふと見ればそこに「想い出がいっぱい詰まったドライフラワー」があったとしたら、その当時のことやその人の笑顔が目に浮かび、優しさやぬくもりに包まれ、気持ちが癒されていく…

想いを大切にするあなたの笑顔という名のエネルギーをも得て、ドライフラワーは生き続けていく。

これまで歩んで来た人生の道のり、出会った人々、手渡してくれた方の笑顔と想いを投影させてくれる存在だからこそ「永遠」という花言葉になっていると私は考えます。


想い出は、歌詞にあるように色褪せていくものではあっても、心まで色褪せ、朽ち果てていくものではありませんよね。

親から子へ、子からまたその子へと血は流れ、永遠に続いていく
それが、本当の永遠の命

あなたにとって大切な人であればあるほど
その人からの想いは、仲間や家族へと受け継がれ、永遠に語り継がれていく
それが本当の永遠の想い

あなたがこれまで歩んで来た人生の道のりの中で贈られた「優しさやぬくもり」が、どれだけ今のあなたを支えてくれているのかは、本などに挟み込まれたり目の前に飾られているドライフラワーが、あなたにそっと語りかけていると私は考えます。

「BRAND-NEW MUSIC DAYS」では、今後も「いつもいつでもあなたの側にいて、こころを癒す」ような楽曲を集め、ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました