スポンサーリンク

【福山雅治】ひとみ~歌詞の意味を考察!瞳に映る自分に問いかける「どう生きるか」

未来が変わる思考術
スポンサーリンク
画像引用元-YouTube

【メンタルエイド】BRAND-NEW MUSIC DAYS

今回あなたの心に届けたい楽曲は

福山雅治 さんの ひとみ です。

Total Playing Time 4:26 ※sourced by. 福山雅治Official

印象的な歌詞の意味を考察し、この歌が伝えたい想いの本質をお伝えします。

どうぞ最後までご覧ください。


人生における喜怒哀楽のすべてを優しく包み込むようなメロディ

引用元-YouTube

1990年デビュー以降、音楽活動の他に俳優写真家ラジオパーソナリティーなど多彩な才能を発揮し注目を集め続ける長崎県出身の日本のシンガーソングライター福山雅治さんが手がけたこの曲は、奈緒木梨憲武主演のカンテレ系ドラマ「春になったら」の主題歌として話題となっています。

引用元-Instagram/(C)カンテレ

<概要>

3カ月後に結婚する娘(奈緒)
3カ月後に世を去る父雅彦(木梨憲武)。

母を亡くし、反発しながらも支え合ってきた父娘が
「結婚までにやりたいことリスト」「死ぬまでにやりたいことリスト」を実現していく
かけがえのない3カ月間を描いた
笑って泣けるハートフル・ホームドラマ。

筆者が初めてこの楽曲を聴いた時のイメージは「走馬灯」です。

新しい命の誕生からお食い初め七五三入園・入学卒園・卒業など人生の節目などにおいて必ずといって良い程心や記憶の中に残る思い出を振り返る時、『走馬灯のように』との表現で伝えることがあなたにもあるでしょう。

人生の中で幾度も経験する喜怒哀楽のすべてを優しく包み込むようなメロディが、ドラマの内容と相まって、聴き込むほどに心癒される人や自然と涙がこぼれ落ちる人がいるのではないかと筆者は感じました。素敵な楽曲ですよね。

次の章は「歌詞考察」

筆者がこの歌が伝えたい想いの本質を

瞳に映る自分に問いかける「どう生きるか」真意について

楽曲タイトルに込められた想いも含めてお伝えしたいと考えます。

そのまま続きをご覧くださいね。


歌詞の意味を考察!瞳に映る自分に問いかける「どう生きるか」

さて、歌詞考察に入ります。

全文については、コチラをご覧ください。

「ひとみ/福山雅治」の歌詞 って「イイネ!」
「ねえ ひとみ 綺麗な花束作るその人は 手…」勇気をもらったり、泣けたり、癒されたり…、この歌詞をチェックしてみて!人の心を打つ「言葉」がぎっしり!

考察をする上で筆者が印象に残っている歌詞をお伝えします。

ねぇ ひとみ

綺麗な花束作る

その人は手荒れすることも厭わなくて

咲き誇ったその花

ミツバチが風を切って

花粉を運んできて

やっと咲いているんだね

「ひとみ」福山雅治 

あなたが望む

あなたを見つけるように

そうなれるように

願いを込めました

そして輝くものや

華やぐものを支えている

名もなき努力を見つけて

「ひとみ」福山雅治 

楽曲タイトル「ひとみ」

福山さん曰く、この楽曲は「命名」をコンセプトにしているとのことから

筆者も名前から考察を進めていきますね。

“ひとみ”という名前。漢字で表すと「仁美」「日登美」「瞳美」など様々考えられますが、やはり真っ先に浮かぶのは「瞳」ではないでしょうか。

「瞳」でイメージされる人物像として

  • 目が大きくてきれい
  • 控えめでおしとやか
  • 明るくて笑顔が素敵

などが掲げられています。

引用元-Instagram

奈緒さんが演じるこのドラマの主人公の名前も「瞳」

イメージと合致しているのではないですか?

ただ、これはドラマだけの話では留まりません。「目は口程に物を言う」という諺もあるように、目は私たちに様々な情報を与えてくれるものですよね。言葉を伝えず見つめ合うだけで想いが伝わることもあるのではないでしょうか。

もちろん「本当に伝えたい想いは言葉にしなければ伝わらない」のも事実ではありますが、その人が心の奥底に秘めた想いは、言葉にはできないものだってあるでしょう。

それは、その人の瞳を見つめると同時に

瞳に映った自分自身を見ることによって

「言葉にならない想い」を知ることを意味するのではないでしょうか。

福山さんが楽曲タイトルを「瞳」とせず、あえて平仮名「ひとみ」としているのは、人それぞれの捉え方で、大切な人の「言葉にならない想い」を感じ取ってもらいたいという願いが込められていると筆者は考えます。

このことを含め、ドラマの内容も踏まえて歌詞考察すると

こんな感じになるでしょう。

ある日突然、目の前に突き付けられた「絶望」

その中から僅かな希望を見出そうともがくけれど

時間は決して待ってはくれない。

引用元-Instagram

迫りくる「期限」に絶望し、全てを終わらせようとするのではなく

迫りくる「期限」を受け入れ時の過ぎ行くままに生きようとするのでもない。

迫りくる「期限」と向き合い残された時間を精一杯生きることにシフトした思いを、お互いの瞳に映る自分自身に問いかけながら「どう生きるか」を確かめ合う…

歌詞にある“名もなき努力”とは、まさにこのことを指しているのではないでしょうか?

目に見えるものは

ほら

目に見えないもので出来てる

「ひとみ」福山雅治

最後の歌詞が意味するものこそが”名もなき努力”…

「目は心の窓」という諺が示すように、見つめ合う瞳の奥にある”名もなき努力”は、合わせ鏡となっている自分自身の心にも確かに存在することを、この歌詞は私たちに伝えているのではないでしょうか。

以上のことから、筆者はこの歌が伝えたい想いの本質を

瞳に映る自分に問いかける「どう生きるか」としているのです。


まとめ

Total Playing Tine 4:26 ※sourced by. 福山雅治Official

今回は 福山雅治 さんの ひとみ について

印象的な歌詞の意味を考察し、この歌が伝えたい想いの本質をお伝えしました。

BRAND-NEW MUSIC DAYSでは

この他にもたくさんの楽曲をご紹介していますので

そちらの方もどうぞご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました