スポンサーリンク

【Nissy × Sky-HI】Stormy~歌詞の意味を考察!頂をこの手に!嵐を巻き起こせ!

未来が変わる思考術
スポンサーリンク
画像引用元-YouTube

【メンタルエイド】BRAND-NEW MUSIC DAYS

今回あなたの心に届けたい楽曲は

Nissy × Sky-HI の Stormy です。

Total Playing Time 1:30 ※sourced by. EMOTION Label Channel

印象的な歌詞の意味を考察し

この歌が伝えたい想いの本質に迫ります。

どうぞ最後までご覧ください。


躍動する鼓動を表し、目標に向けて敢然と立ち向かう勇壮な姿を想起させるメロディ

引用元-Sky-HI 写真左:Sky-HIさん、写真右:Nissyさん

2005年に音楽ダンスグループ「AAA」のメンバーとして共に活躍。2016年にソロでの音楽活動を開始し、史上最年少での日本4大ドームツアーを開催するまでに上り詰め、俳優としても大活躍中のNissy本名:西島隆弘)と、2011年より多彩なジャンルの音楽を駆使したソロ活動を続ける音楽プロディーサーSky-HI本名:日高光啓)とのコラボ曲。

楽曲は、金城宗幸ノ村優介原作のアニメ映画

「劇場版ブルーロック-EPISODE凪-」の主題歌として

書き下ろされたものです。

(C)金城宗幸・三宮宏太・ノ村優介・講談社/「劇場版ブルーロック」製作委員会

「ブルーロック」とは何ぞや? そう思っている人もいるでしょう。

「EPISODE凪」を含め、その概要とあらすじをお伝えします。

「ブルーロック」とは?

「史上最もイカれたサッカー漫画」

2018年。日本フットボール連合は日本をW杯優勝に導くストライカーを養成すべく、ユース年代のFW 300人を対象とした青い監獄プロジェクトを起ち上げ、ブルーロックと呼ばれる施設を建設する。失格者は日本代表入りの資格を永久に失うという条件の中、無名の高校生プレイヤーである潔世一は世界一のストライカーになるべく、計画の全権をもつ絵心甚八が課す試験に挑む。

引用元-Wikipedia

「劇場版ブルーロック-EPISODE凪-」とは?

「劇場版ブルーロック—EPISODE凪-」とは

桁外れのトラップ力と、どんな状況であってもシュートを打ちに行ける身体能力の高さはあるものの、サッカーの知識の乏しさやチャンスを生み出すクリエイティブさに欠ける白宝高校2年のFW・凪誠士郎にスポットを当てたスピンオフ版である。

引用元—Wikipedia

楽曲を初めて聴いた時の筆者のイメージは「シュプレヒコール」です。

1つ1つの音が「躍動する鼓動」を表し、奏でられるメロディは1つの目標に向けて敢然と立ち向かう勇壮な姿を想起させ、聴き込むほどに心を奮い立たせられる…そんな楽曲だと筆者は感じたからです。


歌詞の意味を考察!頂をこの手に!嵐を巻き起こせ!

さて、歌詞考察に入るのですが

全文が未公開なため、楽曲タイトルから考察を進めていきたいと考えます。

楽曲タイトル「Stormy」

直訳すると「嵐の」ですが、「波乱」といった意味もあります。

その「波乱」とはアニメや映画の内容から「波瀾万丈」を意味し、300人からたった1人に与えられる栄光に向け、熾烈な“たたかい”が繰り広げられることがイメージされますよね。

「たたかい」は、相手あってのもの(戦い)自分自身の心とのもの(闘い)になりますが、そのどちらにも勝つ(克つ)ことで頂へと誘われ、栄光を手にすることができる…

そのことを、この歌は私たちに伝えたいのではないかと筆者は考え

この歌が伝えたい想いの本質を

「頂をこの手に!嵐を巻き起こせ!」としているのです。


まとめ

引用元-Sky-HI 写真左:Sky-HIさん、写真右:Nissyさん

今回は Nissy  × Sky-HI の Stormy について

印象的な歌詞の意味を考察し

この歌が伝えたい想いの本質に迫りました。

BRAND-NEW MUSIC DAYSでは

この他にもたくさんの楽曲をご紹介していますので

そちらの方もどうぞご覧くださいね。

コメント