モチベーションを高める!毎朝聴きたい曲ランキングベスト10

なんでもランキング

今回の「NON SEALD」は、「なんでもランキング」

この世の森羅万象を筆者の独断と偏見によるランキング形式でお伝えする内容です。

ナビゲーターは私、「しょうらくパンダ」です。

さて、今回のランキングですが、コチラになります。

モチベーションを高める!毎朝聴きたい曲ランキングベスト10

人は毎日健康であることは少なく、特に休み明けなどは「明日からまた学校(仕事)かぁ…」「明日も休みだったらいいのに…」といった感じで、どうにも気持ちが乗らず、モチベーションも低めになってしまいがちですよね…

そこで今回は、様々なネットでのランキングとは一線を画し、朝、目覚めた時や電車やバスで通勤通学している時などに聴くと、気持ちが癒されたりモチベーションを上げてくれるような楽曲をランキング形式でお伝えします。

あくまでも筆者の独断と偏見が入りまくったランキングになっていますから、多くのネット記事にあるようなランキングとはかなり違っていると考えられます。

ただ、ある意味「レアな楽曲との出会いを楽しみたい方にはおすすめ」ではないかと(^-^)

世代を超えて愛されている楽曲もあれば、ある世代にドハマりする楽曲もあるかもしれませんので、聴いたことがない人も新しい音楽との出会いを楽しんでいただけたら嬉しいです(^-^)

それでは発表します。

モチベーションを高める!毎朝聴きたい曲ランキングベスト10

ランキングは、このようになっています!

それではまずは、10位から4位までを簡単にではありますがご紹介していきます。


第10位:タマシイレボリューション Superfly

総再生時間 3:56

2010年に発表されたこの曲。

どんなことが起ころうとも自分の未来は自分が切り開く。

そう頑なに信じる人の心を後押ししてくれる楽曲です。

越智志帆さんのパワフルな歌声が心に響きます。


第9位:Rocket Dive hide with Spread Beaver

総再生時間 3:48

1998年に発表されたこの曲。

歌詞の中にある

「何にもないって事 そりゃあ なんでもアリって事」

というフレーズが印象的です。


第8位:ヘロン 山下達郎

総再生時間 4:42

1998年にリメイク発表されたこの曲。

1993年発表当初は「鳴かないでHERON」でした

泣き明かす日もある、打ちひしがれる時もある。

でもそんな時、この歌を聴いてほしい。

甘く優しい歌声が、心をそっと癒してくれて、きっとあなたに笑顔が戻ることでしょう。


第7位:The song of praise Mr.Children

総再生時間 4:26

2020年に発表されたこの曲。

静かなメロディーではあっても「明るい未来を信じて祈る」というメッセージがしっかりと心に伝わってくる楽曲です。


第6位:いつか君に追い風が 馬場俊英

総再生時間 6:50  ※途中ミニドラマあり

2008年に発表されたこの曲。

独りで悩んだり苦しんだりしなくてもいい。

あなたを愛してくれて、あなたの言葉を待っている人が必ずいる。

心を通わせながら進むことのぬくもりを感じさせる楽曲です。

馬場さんの語りかけるような歌声が、優しく心を包み込んでくれます。


第5位:RUN  レミオロメン

総再生時間 5:19

2007年に発表されたこの曲。

目の前に広がる現世をどのように進むか。駆け抜けるか、立ち止まるか。

どちらを取っても、それを楽しむことができるように生きていきたい。

そんな想いを感じさせてくれる楽曲です。


第4位:この新しい朝に  浜田省吾

総再生時間 5:53

2021年に発表されたこの曲。

歌詞の中にある「長い坂道の向こうに見えては来ないもの」が、景色から未来世界へと変化していきますが

「前ばかりを向かず、下をも向かず、上を見てごらん。青空がいつもあなたにエールを贈ってくれているよ」といったイメージを抱かせてくれる楽曲です。

いよいよ、ベスト3です。

お待たせしました!

いよいよベスト3の発表です!

第3位:陽のあたる家 葉加瀬太郎

総再生時間 4:18

2003年テレビ番組のテーマソングとして発表されたこの曲。

今回のランキングで唯一の「インストゥルメンタル」になります。

この楽曲は、在宅ワークやテレワークをされている人には特にオススメの曲です。

軽快なメロディーラインが、爽快な朝を感じさせてくれますので、作業用としてもモチベーションが高まりますし、ブレイクタイムには心を和ませてくれます。


第2位:Seasons Of Change  SING LIKE TALKING(佐藤竹善)  

LIVE総演奏時間 8:31

1997年に発表されたこの曲。

闇を抜け 虹を渡り 行けるのさ 自由だから

目の前にとらわれず はるか真夏を想う

叶えると決めたから 行けるのさ 思うがまま

吹き荒れる嵐すら 太陽の下だから

引用元-J-rylics

この歌詞からイメージするように

この楽曲は、フリーランスや私のようなブロガー、ライターさんなどの独立系職業の人には特におススメの曲です。

様々な困難があろうとも、自分を信じて一歩ずつ前へ。

応援してくれる人たちと一緒なら、きっとどんな困難も越えていける…

そんな想いを抱かせてくれる楽曲です。


第1位:俺たちの明日  エレファントカシマシ(宮本浩次)

総再生時間 6:19

2007年に発表されたこの曲。

さあ がんばろうぜ! 負けるなよ そうさオマエの

輝きはいつだって オレの宝物

でっかく生きようぜ! オマエは今日もどこかで

不器用にこの日々と きっと戦っていることだろう

引用元-J-rylics

歌詞にもあるように、

この楽曲は「この世に生きるすべての人への応援歌」だと私は考えます。

特にテンションが下がりがちになる「日曜日の夕方」

そして朝、出勤などでの車の中や電車内でイヤホン越しに聴いていると、

どんどん胸が熱くなり、思わず「やってやるぜ!」と叫んでしまいそうになることでしょう。


今回のランキングは以上になります。

楽曲の内容については、人ぞれぞれ捉え方や感じ方は違いますが、

あくまでも「筆者の独断と偏見に基づいた内容」ですのでご理解くださいね。

次回の「なんでもランキング」もどうぞお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました