スポンサーリンク

【Ado】向日葵~歌詞の意味を考察!どんなときも笑顔で空を仰ごう

未来が変わる思考術
スポンサーリンク

【メンタルエイド】BRAND-NEW MUSIC DAYS

今回あなたの心に届けたい楽曲は

Ado さんの 向日葵 です。

Total Playing Time 4:18 ※sourced by. Ado

印象的な歌詞の意味を考察し

この歌が伝えたい想いの本質に迫ります。


夢に向かって進んでいこうとする心に寄り添い、そっと背中を押してくれる優しい歌

引用元-BARKS

ボカロネイティブ世代の旗頭として、令和の日本のミュージックシーンをけん引する女性シンガー「Ado」さんが、福原遥さん・深田恭子さん主演のTBS系ドラマ「18/40~ふたりなら夢も恋も~」の主題歌として発表したこの曲。

引用元-Instagram/(C)TBS

ドラマの概要・あらすじコチラ

仲川有栖なかがわ・ありす(福原遥)は18歳の高校3年生。
最愛の母の影響を受け、美術館の学芸員となり
海外で活躍できるキュレーター(管理責任者)を目指していた。

推薦で大学の文学部芸術学科への進学も決まっていた最中
予期せぬ妊娠をしてしまう。

そんな彼女が、ひょんなことから
アートビジネスのキャリアウーマンで
もうすぐ40歳を迎える成瀬瞳子なるせ・とうこ(深田恭子)との出会いを果たす。

倍以上の年の差であり、生き方や立場もまるで違う2人の女性が
互いに支え合いながらシスターフッド(=女性の絆)を築き
それぞれ訳アリ男子と恋に落ちていくラブストーリー。

主旋律を奏でるピアノが奏でるイントロやブリッジ部分、すべての音色が重なり合うサビの部分の軽やかなメロディーラインが「清らかな小川のせせらぎ」をイメージさせ、やがては本流へと注ぎ、大いなる海へと向かう川の流れが情景として浮かんできます。

それは、主人公の2人が抱く「純粋な想い」と重なり

夢に向かって進んでいこうとする姿を想起させる…

時に優しく、時に強く歌い上げるAdoさんの歌声が

それぞれの心に寄り添いながら、そっと背中を押してくれる… 

そんな印象を筆者は感じました。


歌詞の意味を考察!どんなときも笑顔で空を仰ごう

さて、歌詞考察に入ります。

爽やかさとヒューマニズムを感じさせる歌詞。

早速1番から一緒に見ていきましょう。

好きなのに「悪くない」と 

素直に喜べない私に

夏の日の海見ながら

「らしくていいね」と笑いかけた

太陽が照らしすぎても

涙が枯れるまで

寄り添い合い支えてくれた

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/ado/himawari/

向日葵のように咲いて

天を仰いで笑って

ただ真っ直ぐなあなたのようになりたい

臆病な私も少しだけ背伸びして

光の射す方へ歩いて行こう Oh

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/ado/himawari/

全体を通して感じる歌詞の想いを

筆者独自の視点から考察した内容は、このようになります。

素直になれない… 強がりだと分かっていても強がってしまう…

感情表現が上手くできないために、誤解されることも多い私を

ただ「(あなた)らしくていいね」と笑いかけてくれるあなた。

嫌われたりすることが怖くて、何においても臆病になってしまう…

言葉にできず溢れそうになる想いを抱え、涙が止まらない私に

ただ側で寄り添い、凍える心を優しく包み込んでくれるあなた。

そんなあなたがいてくれるからこそ、私は強くなれる。なれる気がする。

あなたがくれた優しさを大切に、どんな時も笑顔で

眩い光を全身で受け止める向日葵のように空を仰ごう。

どこまでも澄んだ空が、私の心にエールを贈ってくれていると信じて…

引き続き、2番以降の歌詞を一緒に見ていきましょう。

「もしいつか生まれ変わる時が来てもまた私がいい」

そうやって迷いもなく

答えてしまうあなたが好き

太陽が沈んでしまっても

照らして煌めいて輝いてる

あなたがいれば

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/ado/himawari/

ああ 下を向くような日は

星を見上げて泣いて

強くなれない私のまま愛して

不器用な夏の日も

愛しさで溢れるように

光の射す方へ歩いて行こう

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/ado/himawari/

自分を好きになれない時が、私にはある。

自分に自信が持てない時が、私にはある。

そんな時、自分をしっかり持っているあなたが羨ましいと感じる…

あなたのようになりたい…

それは多分、今は「憧れ」なのかもしれないけれど

いつの日か、あなたへの憧れを夢に変えたいと思っている。

だってそうでしょう…

憧れは遠く、叶うことのないものであっても

夢は誰もが抱き、必ず叶えられるものなのだから。

でも…

今はまだ、あなたの大きな優しさと力が必要なほど弱い私。

これから先も気持ちだけが先走りして、言葉足らずでイライラさせてしまうでしょう。

つらく悲しい日が来れば、下を向いて声を押し殺して涙を流すことでしょう。

生き方が下手で不器用な私を

「それがあなたなのでしょう?」といって優しく包み込んでほしい。

どんなことがあっても強く優しい笑顔で上を向いて歩んでいくために…

こんな感じになるでしょう。

そして楽曲は、ブリッジ部分へ向かいます。

どうしたって

無茶なことだってあるけど

床に散ったティッシュ

私の信じる夏の大三角

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/ado/himawari/

夏の大三角が登場しました。

織姫(ベガ)彦星(アルタイル)デネブを結ぶ三角の中を天の川が流れているといった情景が思い浮かびますね。三角形を形成する上で、それぞれが欠かせない存在です。

これをドラマの内容などに置き換えて考えた場合、欠かすことのできない関係性であるこの三角形は「有栖・瞳子・気になる男性」であり、それぞれが築く三角形を確かなものにするために流した涙の数だけ床に散ったティッシュが存在するのだということを、この部分では表していると筆者は考えます。

共に生きる日々で、支え合いながらいろんな柵や困難を乗り越えていく中で流す涙を拭きながら増えていくティッシュ。それはこれまで歩んできた私が「私であるために重ねてきた証」であり、一方で「下を向いてばかり居てはいけない」という諭し

上を向いてごらんなさい。

夜空に輝く星が、あなたを優しく照らしてくれている。

あなたはあなたでいいのよ。

あなたの人生を、自信を持って進みなさい。

こんな想いを感じ取ることができるでしょう。

そして大サビ

少しずつ強くなっていく「私」の様子が窺えます。

ああ 向日葵のように咲いて

天を仰いで笑って

ただ真っ直ぐなあなたのようになりたい

臆病な私も

少しだけ背伸びして

光の射す方へ Ah

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/ado/himawari/

向日葵のような愛を

枯れることない時を

ただ真っ直ぐなあなたがくれたから

臆病な私も

少しは強くなれたよ

光の射す方へ歩いて行こう

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/ado/himawari/

あなたが観護ってくれたおかげで

私は少しずつ強くなれている。

これからもあなたがくれた優しさを大切に

どんな時も笑顔で、眩い光を全身で受け止める向日葵のように空を仰ごう

どこまでも澄んだ空が、私の心にエールを贈ってくれていると信じて…

これが、筆者がこの歌が伝えたい想いの本質とした

どんなときも笑顔で空を仰ごう の 真意 です。


まとめ

Total Playing Time 4:18 ※sourced by. Ado

今回は Ado さんの 向日葵 について

歌詞の意味を考察し、この歌が伝えたい想いの本質に迫りました。

BRAND-NEW MUSIC DAYSでは

この他にもたくさんの楽曲をご紹介していますので

そちらの方もどうぞご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました