【サザンオールスターズ】面影~希望の轍~【メンタルエイド】BRAND-NEW MUSIC DAYS(14)

未来が変わる思考術

「未来が変わる思考術」chよりお伝えする「メンタルエイド」。


様々なジャンルの楽曲や笑いのエンターテインメントなどをご紹介しながら新型コロナウイルス感染拡大のみならず、現世において様々な事共において抱えこんでしまっている悩みや不安に押し潰されそうなあなたの心と向き合い、癒し、笑顔に変えていくといった「メンタルケア特化型」企画です。

今回は「いつもいつでも側にいて、心を癒し、穏やかな気持ちで過ごせる」ような楽曲をご紹介していく「BRAND-NEW MUSIC DAYS」。

「面影」をテーマとして、あなたの心に届けたい楽曲。

ご紹介するのはサザンオールスターズの「希望の轍」です。

サザンオールスターズ

※アルバム「稲村ジェーン」の2曲目に
「希望の轍」は収められています

この曲は1990年に発表された曲です。


印象的な歌詞の一部をご紹介しますね。

熱く 熱く こみあげる涙に
oh my love is you
たわむれの放射線
揺れる 揺れる 面影は 哀しく
oh my oh yeah
Be the one for tonight

引用元-https://j-lyric.net/artist/a000623/l0015f3.html

面影とは「記憶によって心に思い浮かべる顔や姿」「あるものを思い起こさせる顔つきや様子」といったように主に「人」について指すのが一般的ですよね。

年齢や性別、人生経験などを問わず、誰にでもその「面影」となる存在の人がいるでしょうし、それは場所においてもそうですよね。

4月から新しい生活がスタートして、新天地での慣れない生活やコロナ禍による生活形態や仕事の環境においてかなりの制限を強いられる状況ではあっても、夢に向かって進む人には「故郷」という場所が「面影」となっているのではないでしょうか。

緊急事態宣言下となった所もあって、自分の現状よりも故郷で暮らす家族や友達、愛する人の状況が心配になるのは人間として当然のことであり、私もその1人です。

「リモートでの会話で安否確認」や「LINEなどのSNSでの情報交換」という手段もありますが、若い人ならともかく年配の方にとっては覚えるだけでも一苦労…

遠く離れた故郷に住む両親などにそういった話をすると決まって「そんなものは使わなくても大丈夫。便りがないのは良い便りと思っているから、気にしないで自分のことをしっかりとやりなさい」と言われてしまう…そんな経験、あなたにもありますよね。

「無機質な言葉だけを交わし合うことだけでは面影として残らない」というのが私の持論です。

LINEで送られる言葉はおそらく「相手の状況を考えながら送られてくるもの」だと信じたいところですが、仮にあなたが100%の想いで伝えたいことがを送ったとしても、その想いは相手の捉え方に全て委ねることになってしまいますよね。

お互いが抱いている面影がポジティブに働いていればいいんですが、どちらかがネガティブになっていたとしたら、場合によっては「修羅場」になってしまいます…

リモートでの会話においては確かに相手の顔や仕草などは分かりますが、微妙な心の動きや肌に触れる感じの質感などにおいては画面上のその人でしか判断できませんから、その人が抱えている「本質」までは分からないですよね…

どうしてそんなことが起きるか。

私的な言葉を遣わせてもらうと「面影のタイムラグ」だと考えます。

つまり「リアルな心情にまでリーチできていないまま、事が進んでしまう」ということです。

「面影」とは「写真」と同じようなもので、ある意味「ある時点で時を止めてしまって美化されたもの」。あなたを含めた私たちは、時間の流れの中で生き続けています。

そうなった場合、リアルに生きている家族や友達、愛する人の「面影」はブラッシュアップされていく必要があるのではないでしょうか?

イメージのままで残していることも大切な時もありますが、今、生きていることを実感したいのであれば「タイムラグなど持たせず、リアルを持ち合わせる」方がずっといい。

少しの時間であっても「お互いに面影をブラッシュアップさせて、新たに通わせ合ったものを重ね合わせていく」ことを大切にしてもらいたい。

希望はポジティブな言葉。轍はこれまでに歩んで来た道のり。

合わせれば「希望に向けて歩んで来た道のり」になります。

歩んで来た道のりを振り返ると何があるのか?

あなたを観護り、支え、背中を押してくれている人々の笑顔。

その先には何が待っているのか?

希望へと進むあなたの様々な想いを、両手を広げて受け止めようとする人々の笑顔。

私はそう考えます。

「FUTURE MUSIC DAYS」では、今後も「いつもいつでもあなたの側にいて、こころを癒す」ような楽曲を集め、ご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました